読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶん銀行の住宅ローンってどうなの? (評判・落とし穴)

人気の「じぶん銀行」の住宅ローンのメリット・デメリット、金利・評判・審査。落とし穴を中心に住宅ローンに関する最新ニュースなどを交えて紹介します。いいところだけでなくデメリットも含めた情報を提供していきます。

2017年3月のじぶん銀行の住宅ローン金利は変動・10年を据置き

2017年3月のじぶん銀行の住宅ローン金利が発表されましたね。

 

2月末に長期金利が低下したことで、ひょっとしたら10年固定金利なんかが金利引下げになるんじゃないかと思ってましたが、実際には据置きでしたね。

 

2017年3月のじぶん銀行金利

変動金利0.497%

10年固定:0.500%

 

固定金利は10年以外は全て金利を引き上げています。

元々が低かったために引下げ余地がなかったんでしょうかね。

まあそれでもほかの銀行を見てみると、引き上げたところが多いようなのでじぶん銀行金利の低さが目立ちますね。

 

ほかの銀行の変動金利

住信SBIネット銀行0.497%(自己資金が借入額の20%必要)

ソニー銀行0.499%(自己資金が借入額の10%必要)

新生銀行0.480%(半年後から0.850%になる)

となってます。

自己資金の割合などの利用条件もなく、半年後に強制的に倍近くになることもないじぶん銀行の優秀さが目立ちますね。

 

10年固定金利はどうでしょうか。

住信SBIネット銀行0.560%

りそな銀行0.550%(借り換えでの利用のみ)

イオン銀行0.590%(クレカの申込みなど細かい条件あり)

と、こちらも利用条件もなく新規の借入れでも借り換えでも利用できるじぶん銀行が目立ちます。

 

この業界でも最低の金利に加えて、無料で付帯する「がん50%保障団信」を考えると、金利差以上にじぶん銀行の優位性がありますね。

 

この「がん50%保障団信」はこちらの記事を見てみ下さい。

jibun-bank-otoshiana.hatenablog.com

3月は住宅ローンの新規借入れや借り換えが多くなる時期ですが、じぶん銀行を候補に入れてみることをおすすめしますよ。