読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶん銀行の住宅ローンってどうなの? (評判・落とし穴)

人気の「じぶん銀行」の住宅ローンのメリット・デメリット、金利・評判・審査。落とし穴を中心に住宅ローンに関する最新ニュースなどを交えて紹介します。いいところだけでなくデメリットも含めた情報を提供していきます。

じぶん銀行の住宅ローン融資実行額が1,000億円を突破

2016年も残り数日となりました。

久しぶりの更新となります。

のっぴきならない理由がありまして、更新が滞ってましたが久しぶりに更新してみます。

 

12月26日にじぶん銀行は住宅ローンの融資実行額が1,000億円を突破したと発表しています。

じぶん銀行が住宅ローンの取扱をはじめたのは2015年12月1日からです。

 

1,000億円を達成するまで1年以上かかっていますが、じぶん銀行の発表では、ソニー銀行住信SBIネット銀行などのインターネット専業銀行の中で最速のスピードで1,000億円に達したとのことです。

 

住信SBIネット銀行は12月に住宅ローンの融資実行額が3兆2,000億円を突破したと発表していますが、2ヶ月で1,000億円のペースで増えていることを考えると、じぶん銀行は時間がかかりすぎじゃない?と思いますが、やはり最初は苦戦するんですね。

 

しかも、銀行の名前もゆるいですし、顧客のターゲットとしては若年層で、日本で一番人口比の高い高齢者は見向きもしないでしょうし。。。

高齢者の方は「じぶん銀行」を知らない人がほとんどじゃないですかね。

 

おそらく、融資実行額1,000億円の大半は今年1月末のマイナス金利政策の導入以降に偏っていると思いますが、そう考えるとよくやっているのではいないでしょうか。

 

じぶん銀行の住宅ローンは、商品として一番おすすめできる力を持っていると思っています。

それはなんといっても、業界最低水準の金利と無料の「がん50%保障団信」でしょう。

「がん50%保障団信」は過去記事を是非見てみて下さい。

 

jibun-bank-otoshiana.hatenablog.com

直近の住宅ローン金利は、上昇が続いていますね。

フラット35なんかは2ヶ月連続で金利引上げです。

そんななか、じぶん銀行の10年固定金利は年0.500%え据置きと、金利面でも頑張っていると言っていいんじゃないですかね。

 

2016年の住宅ローン金利は、歴史上最低金利を更新しまくって住宅ローンを利用したいユーザーには良い1年でした。

来年はどんな年になるんでしょうか。

来年こそは更新をがんばる予定です(予定は未定)。

 

みなさん、良いお年を!