読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶん銀行の住宅ローンってどうなの? (評判・落とし穴)

人気の「じぶん銀行」の住宅ローンのメリット・デメリット、金利・評判・審査。落とし穴を中心に住宅ローンに関する最新ニュースなどを交えて紹介します。いいところだけでなくデメリットも含めた情報を提供していきます。

じぶん銀行の借り換えでキャッシュバックキャンペーン!

じぶん銀行

2月・3月は住宅ローンを借入れる方が多くなります。

固定金利の当初期間が終了するかたも多いんじゃないでしょうかね。

 

当初固定期間が終了すると、金利が大幅に上がります。

借り換えで返済額を減らせる条件として一般的に、

1.住宅ローン残高が1,000万円以上残っている

2.返済期間が10年以上残っている

3.金利差が1%以上ある

と言われています。

 

しかし、もう一つの条件を付け加えましょう。

それが、固定金利の当初期間が終了した方です。

 

今の日本で提供されている住宅ローンで最低水準の金利を実現しているじぶん銀行の10年固定金利は0.540%で、相当低いですよね。

変動金利とほとんど変わらない金利で10年も金利が変わらないのは、マイナス金利のおかげです。

 

しかし、この1月に固定期間が終了すると、じぶん銀行では基準金利の2.570%から0.80%引かれた1.770%の変動金利に自動で移行します。

 

金利差1%を余裕でクリアできますね。

 

ネットで10年固定金利を調べると、

「一番不利なタイプの住宅ローン」

「当初優遇金利にだまされるな!」

など、まあ不利なことが書いてあります。

 

しかし、10年固定金利金利の低い当初期間終了前に借り換えることで変動金利並みに返済総額を抑えられる可能性のある金利タイプです。

しかも、固定期間中は変動金利のように金利上昇リスクを気にしなくていいというメリットもありますね。

 

借り換えを前提とするなら、10年固定金利はアリです。と言うかむしろおすすめです。

 

じぶん銀行でも借り換え限定のキャンペーンをはじめてます。

http://www.jibunbank.co.jp/pc/landing/20161229_homeloan/img/h1_01_pc.png

住宅ローンの借入額を考えると、2万円というのは大したこと無いように感じますが、借り換えをして、貰えるなら貰っておいたほうがいいですよね。

 

借り換えでもじぶん銀行はおすすめですよ。