読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶん銀行の住宅ローンってどうなの? (評判・落とし穴)

人気の「じぶん銀行」の住宅ローンのメリット・デメリット、金利・評判・審査。落とし穴を中心に住宅ローンに関する最新ニュースなどを交えて紹介します。いいところだけでなくデメリットも含めた情報を提供していきます。

2017年2月は金利引下げが期待できそう ソニー銀行が金利を発表

金利 ソニー銀行

こないだ年が開けたと思っていたらもう2月の住宅ローン金利を気にする時期になりましたね。

 

さて、タイトルのとおりどうやら2017年2月は久しぶりに住宅ローン金利の引下げがありそうです。

 

ソニー銀行の2月の金利は固定金利を引下げ

ほとんどの銀行は、月末か月初に金利を発表するんですが、ソニー銀行は月の中頃に翌月の金利を発表するのが特徴の1つです。

 

他の銀行よりも半月も早く翌月の金利を発表するわけですから、翌月の金利を予想するのに参考になりますね。

 

そのソニー銀行の2017年2月の適用金利は、

変動金利は据置き!

固定金利はすべての期間で金利引下げ!

となっています。

 

ソニー銀行 金利一覧

 

 

 

2月は最も大きな引下げ幅が0.07%以上と大幅な引下げとみていいんじゃないでしょうか。

ここのところ住宅ローン金利の引下げが止まってましたが、ほんと久しぶりの金利引下げです。

 

 3月は住宅業界でも1年で1番のかきいれ時なんで、少しでも住宅ローンを契約していくれるお客さんをゲットしておきたいんでしょうね。

それもあってこれから金利を発表する銀行でも金利引下げが期待できるんじゃないでしょうか。

 

さらに長期金利も一時期に比べて低下してきます。

これも住宅ローン金利の引下げの要因と考えられますね。

 

久々の金利引下げで再び住宅ローンが盛り上がりそうです。

この時期は、固定金利の当初期間が終了する方も多いんじゃないでしょうか。

当初期間が終了すると金利が劇的に上がるため借り換えた方がいいのは言うまでもないですね。

 

ちなみにソニー銀行の住宅ローンは全くおすすめじゃありません。

金利高いですしね。

2月の金利を予想するのに紹介しているだけです。

 

さっき紹介したサイトでも書いてありましたが、変動金利ならなんとか、固定金利はお話になりません。

その変動金利も「5年ルール」や「125%ルール」がないため、金利が上がると際限なく返済額が増えることになります。

 

ソニー銀行のメリット・デメリットはまたお話しましょうかね。

主にデメリットが多くなりそうですが、、、